ヤミ金SOS 押し貸しに立ち向かう方法

ヤミ金は、狡知であくどい手口を次々と編み出しています。

そのひとつが『押し貸し』です。
このヤミ金の押し貸しに遭い、弁護士や司法書士へSOSを出した人のほとんどが、過去にヤミ金からお金を借りた経験のある人で、突然にヤミ金が勝手にお金を振り込んできたと言います。


そして、「そっちの口座へ3万円振り込んで貸し付けたから、4割の利子を付けて一週間後に金を返せ」と一方的に言われたそうです。
振り込まれる金額は、だいたい3万円前後ということですが、その時々で異なります。


中には勝手にお金を振り込んだ後、一週間が過ぎてから電話をかけてきて「約束の日は過ぎているのになぜ返済しない?」と脅し、利子を上乗せして要求するあくどいヤミ金も存在します。


このような押し貸し被害に遭わないためには、一度でもヤミ金に関係したことのある銀行口座を解約することです。そうすることで、ヤミ金は勝手に振込みたくても口座番号が分りませんから、押し貸しはできません。


もしも、押し貸しをされてしまった場合ですが、2つの対策方法があります。ひとつは、ヤミ金が何を言ってきても完全に無視することです。


そしてふたつめが、常識の通用しないヤミ金なので嫌がらせがエスカレートする前に弁護士や司法書士に頼んで解決してもらう方法です。


該当の口座が公共料金の引き落としや給与振込みに使っていた場合には、手続きが面倒ですが、押し貸しを未然に防ぐにはこれが最良の方法です。


ヤミ金からいわれなき被害に遭わないためにも、ぜひ解約してください。


ヤミ金押し貸し被害ならこちらの弁護士・司法書士へSOSを
posted by pochi at 21:07 | ヤミ金の手口