ヤミ金被害の悲劇!大阪八尾市心中事件

お金を返しても返しても、ぜんぜん完済できず、いつまでも利子を搾り取るヤミ金によって3人の男女が自殺した事件が、2003年6月の大阪府八尾市で起きた八尾市心中事件です。

絶望と後悔の中で命を絶ったのは、清掃作業員の61歳のAさん、その妻で69歳のBさん、そしてBさんの兄で81歳のCさんでした。3人は、いっしょに関西線の踏切に飛び込み、心中したわけです。


2002年、Aさんは勤めていた会社を定年退職し、その後は年金と夫婦でのアルバイトで生計を立てていました。
ところが、Aさんの入院とBさんの兄(Cさん)の入院などが重なり、消費者金融の融資を頼りに生活をするようになりました。しかも、その借金の返済も厳しくなり、ついに自己破産を選択しました。


しかし、自己破産をしても経済的な困窮から抜け出せず、どこからもお金を借りられなくなったAさん夫婦は、ヤミ金から3万円を借りることにしました。夫婦は3万円借りたのに、実際にヤミ金から振り込まれたのは1万5千円でした。利息と事務手数料という名目で50%も取られたのです。


そして、少しでも返済が滞るとすぐに暴力的、脅迫的な取り立てを始め、数万円に困っていた夫婦は、最終的に15万円も取られてしまいました。
Bさんは八尾警察署へ行き「ヤミ金から1万5千円を借りて、総額で10万円も返済したのに、全く完済ができない」と訴えました。しかし、警察は「ヤミ金は無視して大丈夫。支払わないで、強気で出ましょう」と言っただけで何ら具体的な行動を取ってくれませんでした。

警察は頼りにならず、ヤミ金は凶暴的に迫って来る。
絶望したAさん夫婦と、保証人となったCさんは、それから間もないうちに自殺してしまったわけです。

このヤミ金は、いわゆる「090金融」と呼ばれる業者で、この悲劇的な事件を機にヤミ金被害が社会でも大きく取り上げられるようになり、ヤミ金対策法を成立させる契機となりました。

悔やまれることは、警察が相手にしてくれなかった後にでも、ヤミ金に強い弁護士か司法書士へ相談していたら、自殺という最悪の結果は避けられたのでは…ということです。

警察の言うとおり免許、登録の無い貸金融業者は存在自体が違法であり、全ての契約は無効となるため返済する必要は全くありません。ですが、その事実だけを振りかざして一人でヤミ金と対峙するには、あまりにも危険です。


まずは、ヤミ金に強い弁護士や司法書士へ無料相談してみるのがベストな選択だと言えるでしょう。


ヤミ金被害無料相談のできる弁護士・司法書士はこちら
posted by pochi at 23:27 | ヤミ金関連事件