ヤミ金被害の悲劇!大阪八尾市心中事件

お金を返しても返しても、ぜんぜん完済できず、いつまでも利子を搾り取るヤミ金によって3人の男女が自殺した事件が、2003年6月の大阪府八尾市で起きた八尾市心中事件です。

絶望と後悔の中で命を絶ったのは、清掃作業員の61歳のAさん、その妻で69歳のBさん、そしてBさんの兄で81歳のCさんでした。3人は、いっしょに関西線の踏切に飛び込み、心中したわけです。


2002年、Aさんは勤めていた会社を定年退職し、その後は年金と夫婦でのアルバイトで生計を立てていました。
ところが、Aさんの入院とBさんの兄(Cさん)の入院などが重なり、消費者金融の融資を頼りに生活をするようになりました。しかも、その借金の返済も厳しくなり、ついに自己破産を選択しました。


しかし、自己破産をしても経済的な困窮から抜け出せず、どこからもお金を借りられなくなったAさん夫婦は、ヤミ金から3万円を借りることにしました。夫婦は3万円借りたのに、実際にヤミ金から振り込まれたのは1万5千円でした。利息と事務手数料という名目で50%も取られたのです。


そして、少しでも返済が滞るとすぐに暴力的、脅迫的な取り立てを始め、数万円に困っていた夫婦は、最終的に15万円も取られてしまいました。
Bさんは八尾警察署へ行き「ヤミ金から1万5千円を借りて、総額で10万円も返済したのに、全く完済ができない」と訴えました。しかし、警察は「ヤミ金は無視して大丈夫。支払わないで、強気で出ましょう」と言っただけで何ら具体的な行動を取ってくれませんでした。

警察は頼りにならず、ヤミ金は凶暴的に迫って来る。
絶望したAさん夫婦と、保証人となったCさんは、それから間もないうちに自殺してしまったわけです。

このヤミ金は、いわゆる「090金融」と呼ばれる業者で、この悲劇的な事件を機にヤミ金被害が社会でも大きく取り上げられるようになり、ヤミ金対策法を成立させる契機となりました。

悔やまれることは、警察が相手にしてくれなかった後にでも、ヤミ金に強い弁護士か司法書士へ相談していたら、自殺という最悪の結果は避けられたのでは…ということです。

警察の言うとおり免許、登録の無い貸金融業者は存在自体が違法であり、全ての契約は無効となるため返済する必要は全くありません。ですが、その事実だけを振りかざして一人でヤミ金と対峙するには、あまりにも危険です。


まずは、ヤミ金に強い弁護士や司法書士へ無料相談してみるのがベストな選択だと言えるでしょう。


ヤミ金被害無料相談のできる弁護士・司法書士はこちら
posted by pochi at 23:27 | ヤミ金関連事件

ヤミ金被害者、SOSの声は届かなかった。

聞くだけでもやり切れない出来事がありました。

旦那さんを病気で亡くし、小学6年生の女の子と母子生活支援施設で暮らす母娘がいました。
生活保護を受給していましたが、施設は一時的な仮の住まい。やがては自立して出て行くことが入居の条件でした。


お母さんも病弱な身体でしたが、近くのスーパーでパートタイマーとして働き始めました。貧しいながらも生活が落ち着きはじめた頃でした。女の子の自転車が盗まれてしまったのです。


なんとか中古自転車でも買ってやりたい…。思い余ったお母さんは、ヤミ金から1万5千円を借りました。ところが、インフルエンザに罹って1週間ほどパートを休むことになり、予定していた給料が入らなくなりなったのです。

返済に回せる余裕はありません。
施設にもヤミ金からのひどい嫌がらせが始まり、お母さんは必死で謝り、責任者へ助けを求めました。

「なんでヤミ金なんかへ手を出したんですか!知り合いの弁護士さんを紹介してあげるけど、施設への嫌がらせが止まなかったら出て行ってもらうことになりますよ」と言われてしまいました。


弁護士は、相手がヤミ金だと分ると露骨に嫌な顔を見せ、しぶしぶとヤミ金へ電話しましたが、「残念だが、私では力不足です」とさじを投げてしまいました。
「先生、お願いします。助けてください!」と何度も哀願しましたが、「どうぞお引き取りください」と言う
ばかり。結局、母娘は施設を出て行きました。


施設も弁護士も、もう少し母親のSOSの声に耳を傾け、適切なアドバイスをしてあげることはできなかったのか…と感じさせる出来事でした。

やはりヤミ金被害を解決するには、ヤミ金対応に長けた使命感と正義感を持つ弁護士や司法書士でなければ解決するのは難しい、とあらためて思い知らされました。


ヤミ金被害のSOSならこちらの弁護士・司法書士へ
posted by pochi at 16:08 | ヤミ金関連事件

ヤミ金被害者を食い物にした行政書士法人

法律を生業とする弁護士、司法書士、行政書士。その一角である行政書士法人が詐欺とヤミ金並みの悪質な取り立てで訴えられ、先日第1回目の審理が東京地裁において行われました。


事件は「ヤミ金融業者の取り立てを止める」と宣伝していた東京の行政書士法人について、「高額の報酬を請求されたうえ取り立ても止まらない」という相談が、ヤミ金融対策に取り組む弁護士や国民生活センターに相次いでいることから明らかになりました。


埼玉県でヤミ金融対策に取り組んでいる弁護団によれば、問題となっているのは東京・港区にあった行政書士法人で、すでに解散している「鷹悠会」です。
鷹悠会は、ホームページで「ヤミ金融業者の取り立てを止める」などと宣伝していましたが、弁護団には「依頼したところ数十万円の報酬を請求されたうえ、取り立ても止まらない」という相談が全国の56人から寄せられていると言います。


弁護団は「うその説明をして高額の報酬を得ようとする詐欺的行為だ」として、相談を寄せた一部の人を原告にして報酬の返還などを求める訴えを起こしました。11月14日に東京地方裁判所で行われた1回目の審理で、鷹悠会側は「事実関係を調査したうえで反論する」として争う方針を示しました。


鷹悠会は、ホームページで「ヤミ金融業者の取り立てを止める」「ヤミ金・090金融に特化」などと宣伝し、ヤミ金被害に悩む人を集客していましたが、弁護団には「依頼したところ数十万円の報酬を請求されたうえ、取り立ても止まらない」という50人以上の相談が全国から寄せられていると言います。


弁護団は「うその説明をして高額の報酬を得ようとする詐欺的行為だ」として、相談を寄せた一部の人を原告にして報酬の返還、慰謝料など計860万円を求める訴えを起こしました。これに対して鷹悠会側は「事実関係を調査したうえで反論する」として請求棄却を求め争う方針を示したということで、今後の展開が注目されます。


鷹悠会を巡っては、国民生活センターにも同様の相談がおよそ120件寄せられているということで、弁護団では「ヤミ金融の被害者が二次被害に遭っていると言え、悪質だ。今後も相談を受け付けていきたい」と話していますが、これが事実ならヤミ金被害者を食い物にしたことになり、行政書士の名を著しく傷つけたことになります。


一方で、ここで指摘しておきたいのは、なぜヤミ金問題を行政書士に依頼したのか…ということです。
ヤミ金問題において、行政書士の可能な業務は、権利義務や事実証明に関する書類作成と提出手続の代理、作成に関する相談に限定されています。


簡単に言えば、行政書士は、ヤミ金に対して「ヤミ金は違法だから元金と利子を払う義務はありませんよ。逆に払った分を返してください。じゃないと訴えますよ」と文書で通知するだけで、弁護士や司法書士のようにヤミ金と直接交渉をすることはできないのです


このサイトでも繰り返し言っていますが、ヤミ金問題はふつうの弁護士や司法書士でも苦戦する場合がある案件です。それだけにヤミ金に対するキャリアや法的技能、そして精神的な強さを持ったヤミ金専門の弁護士や司法書士でなければ完全解決は望めないのが現実です。

ヤミ金被害の相談や解決は、ヤミ金被害に特化した弁護士もしくは司法書士に依頼するのがベストだと言えるでしょう。


ヤミ金に強い司法書士
ヤミ金専門の弁護士
posted by pochi at 12:45 | ヤミ金関連事件